スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

私的日本百景〜道玄坂「八九十」〜
2005年に日本に帰ってきて以来、職場と家を除けば、最も沢山お世話になった場所は、「八九十」ではないだろうか。

「八九十」は道玄坂と246が交わる辺り、スパイスガーデンなるカレー屋の2階にある居酒屋である。

僕が3年前に帰国した頃、映像系専門学校以来の友である酒仙ジェイ氏は、自らの居酒屋を営もうと準備を進めていた。ある日僕が合羽橋商店街に包丁を買いに行ったときのこと。向かいから商店街を歩いてくる顔見知り二人に出くわした。なんとそれはジェイ氏とその相棒アイザワ氏であった。店の調理用品を買出しに来ていたのだ。滅多に来ることのない場所での遭遇は、それ自体は自分の人生に何か影響を及ぼしたりするようなことではないのだが、決して忘れることの出来ない思い出の一場面として脳裏に焼き付いている。

…そして「八九十」は開店した。「八九十」はぶらりと気軽に立ち寄れる店、お客同士が気軽に話せる店、みんなが集える店になった。何故か一人で来る客が多く、カウンターにみんなが並んで飲んでいる光景がおなじみになった。「八九十」が無ければ知り合うことも無かったであろう素敵な人達は沢山いる。「八九十」が無ければ、なかなか再会する機会もなかった昔の仲間もいる。

オム角煮飯は美味い。

ラクサ・ヌードルも美味い。

掻き揚げ丼はやめられない。

そして「八九十」での出会い、それはプライスレスだ。



花に嵐のたとえもあるが、さよならだけが人生ならば、また来る明日は何だろう?

花に嵐のたとえもあって、さよならだけが人生だとしても、「八九十」ではこれからも、人々が出会い、物語を生み出していくだろう。

また会いましょう。

文=Dr.K
私的日本百景〜道玄坂「八九十」〜
酒仙ジェイ氏
| 03:23 | - | - |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 03:23 | - | - |
| - | pookmark |



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

HOME
SHOP
Profile
New Entries
Archives