スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

夢想する
シングル8どころか、
世の中からフィルム自体がなくなろうとしているね。
僕はね、なんだか、こんなことを夢想するんだ。
16ミリや35ミリ、世の写真フィルムがなくなっても、
8ミリフィルムだけは生き続けるような。
もちろんシングル8も生き続けるだろう。
それはね、世界遺産の中に工業製品部門っていうのができて、
歴史に残り続けるなんて展開なのかも知れない。
今、シングル8で映画を撮っている人には「遺産」なんて
失礼な話だけど、そうやってでもマグネコーティングが復活すれば
それはそれでメリットのある話だったりするよね。
はじめてつくった映画が8ミリだったしあわせ。
スーパー8からシングル8に乗り換えて、漸く自由に巻き戻しができる
なんてことにワクワクした体験。
そんな楽しみをいつまでも…そう、夢想は続くんだ。

文=越坂康史(映像ディレクター)



関連記事:
越坂康史『できちゃった結婚』
越坂康史『フリーアナウンサーが教える“売れる話し方”とイメージアップ術』
| 19:20 | - | - |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 19:20 | - | - |
| - | pookmark |



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

HOME
SHOP
Profile
New Entries
Archives