スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

学研8ミリ映写機取扱いレポート
組立てとセッティング:
レバーを付ける。基本的に組立ては以上。


シングル8、スーパー8の装着には、アダプターを使用。


フィルムをスプロケットの上側に通す。
この際、リールは通常とは裏返した状態になる。


フィルムをある程度たるみを持たせてフレーム部に挿入。


その際、ガイドピンを押しながら作業する。


フィルムをスプロケットの下側に通し、
付属の空リール(50フィート用)に巻き付けて完了。

※ちなみに、対応サイズは50フィートと100フィート。

映写:
映写は手回し。


ピントはレンズ部を前後に動かす事で合わせる。


画面のズレはフレームノブを回して調整。



※被写体:丈太郎(居酒屋八九十)
ダブル8仕様への切替え:
まず、フレーム部を取り外し、



ダブル8用のフレームと交換する。


ガイドピンもダブル8用に交換。



この際、バネも一緒に外すので、掛け直すことになる。


スプロケットをダブル8用に交換して完了。



※「ダブル」ではなく「レギュラー」という呼び方が正しいという話もあるが、ここではややこしくなるので、説明書に合わせ「ダブル」のまま記載した。

文=黄色い勢力


関連記事:
学研8ミリ映写機
| 03:13 | - | - |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 03:13 | - | - |
| - | pookmark |



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

HOME
SHOP
Profile
New Entries
Archives