スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

越坂康史『フリーアナウンサーが教える“売れる話し方”とイメージアップ術』
『時をかける少女』キャスター役などでも活躍するフリーアナウンサー 倉島麻帆の声と笑顔のHow to DVDが新登場!話し方で人生が変わる!
発声だけではなく、5項目に渡って総合的に役立つ内容を、ケーススタディも交えてお届けします!※繰り返し使うのに便利なエクササイズメニューつき。(パッケージより)

<出演者>倉島麻帆関谷彩花中藪浩二
<演 出>越坂康史

<第1回 あなた本来の声を出すための“呼吸法・発声方法”>
<第2回 相手の心を動かすには>
<第3回 輝く笑顔の作り方>
<第4回 人を惹きつける(伝わる・売れる)話し方とは>
<第5回 あがらずに落ち着いて人前で話すには>

商品詳細
とある仕事の風景に、突如、フリーアナウンサー・ビジネスボイストレーナー倉島麻帆が現れ、「あなた誰ですか?」との問い掛けに何も答えないまま「ビジネスに役立つ(売れる)話し方」と「イメージアップ」のスキルを伝授して行く。

「大切なのは気持ち(心でしゃべること)」を念頭に、「あなた本来の声を出す為の」、「本当の自分の思いを出して」、「自分は最高だと思って話しましょう」などと、正に「自分は最高だと思って」なされるその解説は、「本来の声」や「本当の自分」、「本当の思い」の定義など御構いなしに進められる。「丹田」や「百合(頭頂)」といった名称から複式呼吸のフィジオロジー(体の使い方)と発声、満面の笑みで「ウイスキー」に笑顔を定着させる「ウイ体操」、「自分と同じものを好きになる性質」を活かした「ペーシング」や「ミラーイング」、緊張がディストレス(過度のストレス)にならない為の「自律訓練法」や「アンカーリング」、「1対1の感覚で話す」といった演劇や心理学の手法が次々紹介されて行く中で、「私たちは普段の生活で感情を抑えています」、「それが笑顔にならない原因」といった解説もまた、抑えている根拠や抑えているものが(そんなに都合良く)「笑顔に繋がる感情」なのかということは置き去りにされている。もちろん、大前提には「ビジネスに役立つ(売れる)」があるのだが、それですら何の裏付けも示されず気持ちいいくらいに問答無用である(笑)。

結局、残るのは身体を伴う演劇的な技術だけ。確かに、シェイクスピアも「この世は全て舞台だ」と言ったし、福沢諭吉も「大根役者が殿様になることもある」と言っているので、人生もビジネスも演じ切れるのかもしれない。でも、技術が本質に転倒して売り手が売り役を演じれば、買い手が買い役を演じてくれるなんてあるだろうか。演劇的なものと内面が直接出会う項目が1つだけある。『目の表情』。視覚神経が直接脳と繋がっている目は、本当に「楽しい」とか「嬉しい」と思わないと笑うことが出来ない。その際、対策として倉島は「イメージ」の使用を促すのだが、それは正に演劇である。「気持ち(心)」を念頭に置きながら、演劇的なものを据えるその論理下では「本当」がどこまでも逃げ続ける。「ビジネスに役立つ」に取り込まれた「本当」には、そんな仕掛けが埋め込まれている。だから逆に、倉島が添える「最初は作り笑いで構いません」なんて些細な補足のその「最初は」の対岸に、演劇的なものを越えてある筈のものを、僕の中の Teen Spirit は見ようとする。

その論説は、無根拠のまま技術と内面の間をスライドし続ける。どこまでも「本来の声」や「本当の思い」に正体はない。ここに確認できるのは、「本当さ」が問われているということだけだ。暴かれるのは、鑑賞者の仕事の矛盾と、その嘘の有無。このDVDは「あなたは誰ですか?」との問い掛けに、最後まで何も答えないまま「あなたは誰ですか?」と、満面の笑みで問い掛けている。

文=黄色い勢力


関連記事:
夢想する
越坂康史『できちゃった結婚』
| 04:56 | - | - |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 04:56 | - | - |
| - | pookmark |



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

HOME
SHOP
Profile
New Entries
Archives